ピアノの楽しみ方は人それぞれ

コンクール等を目指す方

趣味で楽しみたい方

保育や教育現場でもっと音楽を生かしたい方

 

 

一人一人花開く時期や大きさは違っても

いつか必ずそれぞれの”音の花”を

咲かせてほしい…

そんな想いで日々レッスンしております

 

 

全く分からなかった楽譜が

確実に自信をもって「読める」ように

 

 

こう弾きたい!こんな音が出したい!と

「自分で考え・感じられる」ように

 

 

はじめはドの位置さえわからなかったのが

「感じたものを音楽で表現できる」ように

 

 

一回一回のレッスンを大切に

精一杯サポートさせていただきます♬


使用教材・特長

当教室では、初めてピアノを習うお子様はもちろんの事、他教室から移って来られたお子様にも、必ずバスティンメソッドを使用しながらレッスンを進めております。

 

バスティンメソッドの順序だてたレッスンを取り入れることにより、ピアノ鍵盤の理解、リズム、聴音(音の聴き取り)、和声(ハーモニーの成り立ち)、理論、テクニック、アンサンブル、初見、読譜、レパートリーなど音楽のあらゆる分野を、無理なく習得することが出来ます。

 

小学校に入る前のこどもたちは、細かい違いを理解する能力がまだ発達していません。そのため最初から五線譜を理解させようとしても、第一線と第二線を区別するのが難しかったりします。

 

導入期は特に、楽譜からの情報を最もシンプルにした状態で、読譜や指のトレーニングをしていくと効果的です。指番号だけ。リズムだけ。上がり下がりだけ。とんだ音かおとなりの音か。何拍子かなど…

 

大人から見ると、一見遠回りのように感じられるかもしれませんが、導入期にこのシンプルな情報を瞬時に判断できるようになっておかないと、いざ五線譜が出てきた時に混乱してしまいます。

 

回数をこなし、レッスンやご家庭で繰り返すことで、着実に力が付いていきます。長い目で見ると実は近道なんですね♪

 

バスティンの教本を軸に、年齢や嗜好・個々のレベルに応じて、テキストを追加していきます。

バスティンメソッドについて詳しくお知りになりたい方はこちら>>

https://www.to-on.com/bastien/about

 


第6回発表会の様子

2019年4月7日 中央市民センターにて発表会を行いました。

一部を抜粋して掲載しております。

参加者全員が、今できる精一杯の表現で、素晴らしい演奏をしてくれました♪